ナポリ発アルベロベッロ、マテーラ、オストゥーニ日帰りツアー

イタリア ナポリ発のアルベロベッロやマテーラ、オストゥーニ方面への長距離日帰り観光が10月から値下げになりました

とんがり屋根を持つトゥルッリの家々が建ち並ぶ人気の町アルベロベッロ、世界遺産でサッシと呼ばれる洞窟住居群の風景が圧巻のマテーラ、城壁に囲まれた白く美しい町オストゥーニなど、交通が不便な南イタリアのプーリア州やバジリカータ州へ。

ご予約頂いたお客様のみで実施の専用車によるプライベートツアーです。フリータイムは各自で散策や昼食になります。また、ナポリに戻らず現地のホテルに泊まられる場合や、バーリ発着などアレンジも可能です。


>> ナポリ発日帰りツアーについて 詳しく読む

  • アルベロベッロ

アルベロベッロはバーリの南東約55km程に位置し、白い漆喰塗りの壁に円錐形のとんがり屋根のトゥルッリの町並みが独特で人気です。1996年に世界遺産に登録され、岐阜県白川村とは姉妹都市。アルベロベッロの南側が観光の中心地モンティ地区で、北側はヴィットリオ・エマヌエーレ通りを中心にレストランや、スーパーマーケット、商店があり、アイア・ピッコラ地区は地元住民の生活感があるトゥルッリの集落です。

  • マテーラ

マテーラは谷の岩場の斜面を掘った洞窟住居サッシ郡が広範囲にわたり完全な形で現存している貴重な遺跡で、世界遺産に登録された町。サッシを見下ろすように立つドゥオモ(大聖堂)からの眺めは圧巻。石畳の坂道や階段、小道が多く入り組んでいる為、町歩きには歩きやすい靴が必須。

  • オストゥーニ

オストゥーニは高台にあり、オリーブ畑が広がる平野のパノラマや城壁に囲まれた白い町並みやが美しい。見どころは15世紀末に建てられたカテドラーレ(大聖堂)や、新市街と旧市街を結ぶ中心にあるピアッツァ・リベルタ(広場)の市庁舎に向かって右手の坂道を登っていくと、旧市街の中心へと続く。旧市街は坂道や小道が入り組んでおり、商店やバールをのぞいたりしながら町歩きが楽しい。